だれでも新規事業つくれるカレッジ

だれでも新規事業つくれるカレッジ

新規事業開発担当者向け
セルフラーニングプログラム

世界中の事業開発責任者の知見をベースに
イチから事業開発を学ぶ環境を提供

「新規事業を開発したいが、安心して任せらえる人材がいない」 というお悩みありませんか?

だれでも新規事業つくれるカレッジを使えば
全てが解決 いたします!

企業様にあった最適の
ソリューションを。

私たちにお任せください。

資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
30日間無料トライアル受付中

だれでも新規事業つくれるカレッジの特長

カリキュラム内容

事前テスト

本論

理解度テスト

ワーク

Lesson 01 はじめに
Lesson 02 企業が生き残るために新規事業が必要な理由
Lesson 03 企業内新規事業開発の注意点
Lesson 04 事業の全体構造について
Lesson 05 新規事業の心構え
Lesson 06 新規事業とは何か?企業内新規事業の定義
Lesson 07 新新規事業開発における手法と手段
Lesson 08 7つのビジネスモデル
Lesson 09 ビジネスモデルの難易度
Lesson 10 ビジネスモデルと商材の選び方
Lesson 11 事業開発ステップの全体像
Lesson 12 事業開発ステップ①Ideation
Lesson 13 リーンキャンバスにまとめる 前編
Lesson 14 リーンキャンバスにまとめる 後編
Lesson 15 事業開発ステップ②Customer Problem Fit
Lesson 16 最初に取り組むべき最も重要なことは顧客とその課題
Lesson 17 顧客課題とジョブ理論
Lesson 18 顧客課題を発見する手法について
Lesson 19 デプス・インタビューの手法
Lesson 20 顧客課題はペルソナで考える
Lesson 21 事業開発ステップ③Problem Solution Fit
Lesson 22 狭く深く。最初に解決する顧客課題は一つに絞るべし
Lesson 23 ソリューションを考えるための発想法
Lesson 24 マーケティングチャネル
Lesson 25 カスタマージャーニーはプロダクトを使い続けるまでを描く
Lesson 26 事業開発ステップ④Product Market Fit
Lesson 27 「競合はいません」はありえない
Lesson 28 3Cで考える競合と市場
Lesson 29 新規事業の基本戦略「ランチェスター戦略」
Lesson 30 事業規模の考え方
Lesson 31 GoToMarketを考える
Lesson 32 ソリューションはMVPとMSPで検証する
Lesson 33 ソリューションの検証ステップは 無償利用→有償利用→高付加価値利用
Lesson 34 価格の設定方法
Lesson 35 顧客課題を解決するプロダクトを経済合理的に提供できたらPMF達成
Lesson 36 PMF前にグロースさせてしまうことの弊害
Lesson 37 事業開発ステップ⑤Unit Economics 健全化
Lesson 38 広告は小さく試して大きく投資する。
Lesson 39 広報活動は早いうちから定期的に行う
Lesson 40 顧客の根雪化がスケールの条件
Lesson 41 営業のセオリーの作り方 全体構造編
Lesson 42 営業のセオリーの作り方 信用獲得編
Lesson 43 営業のセオリーの作り方 課題共有編
Lesson 44 営業のセオリーの作り方 提案・クロージング編
Lesson 45 営業のセオリーの作り方 アフターフォロー編
Lesson 46 営業のセオリーの作り方 トークスクリプト構築編
Lesson 47 財務諸表の理解・運用は事業開始当初から必要①損益計算書について
Lesson 48 財務諸表の理解・運用は事業開始当初から必要②貸借対照表について
Lesson 49 財務諸表の理解・運用は事業開始当初から必要③キャッシュフロー計算書について
Lesson 50 システム開発=エンジニアの仕事ではない
Lesson 51 エンジニアの仕事はどのように作るか?と実際に作ること
Lesson 52 エンジニアの採用は働く環境を整えることから
Lesson 53 最初に作ったシステムは作り直す前提で
Lesson 54 社内調整と社外交渉、事業開発実務の役割分担
Lesson 55 近似する事業を見つける
Lesson 56 他事業部との調整と協調
Lesson 57 既存事業と連携できるポイントを探る
Lesson 58 子会社・関連会社との連携
Lesson 59 投資効果の最大化
Lesson 60 社内情報収集のポイント
Lesson 61 決裁者の特性を把握する
Lesson 62 上層への説明ポイントを明確にする
Lesson 63 システム部門との協働の重要性-サービス仕様書とRFP〜システム仕様書-

※Lesson、レベルによってワークはないものがあります。

※1つの動画で約3~5分でまとめられています。

教材の活用例

新規事業担当者が
学習する

PC

新規事業の担当者が動画研修を受講、ワークを通じて新規事業の実践的な知見を得ていただき、開発業務実行の基礎としていただきます。
ワークの添削を通じて深い理解をえていただくオプションもございます。

社内ビジネスコンテストの
共通理解用として

プレゼンテーション

社内ビジネスコンテスト等で新規事業開発における基礎知識を得たい応募者向けに動画研修を提供し、応募案の質的向上を担保します。

メンタリング時に
ポイント視聴

ミーティング

規事業開発の実行フェーズにてメンターが実行担当者にポイントとなうる箇所の動画研修閲覧を指し、知見を得ていただきます。
メンターが知識の提供ではなく、メンタリングに集中できる環境を提供します。

     

ご利用事例

講師紹介

畠山和也

畠山 和也 | Kazuya Hatakeyama

2005年以降一貫して
新規事業に取り組んできました。

本気で取り組むためには、「どこに到達したいのか(目標)」「目標に到達するには何をしたらいいのか?(道程)」 が明確になっていること、つまり、達成したい目標が高いほど、その道程が確かであるほど人は本気になれると考えます。
本気ファクトリーはお客様が 目標と道程をみつけ、本気で事業に取り組んでいただけるようお手伝いをいたします。

-略歴-

2005年 早稲田大学商学部卒業
ソフトバンクBB(日本テレコム出向)お得らいん事業立ち上げ
2006年 リクルート入社 人材事業部で営業・人事コンサルティング
2011年 スターティアラボ入社 電子書籍事業・AR事業立ち上げ
2013年 ラクスル入社 名刺印刷EC事業立ち上げ
2014年 本気ファクトリー立ち上げ アヴァンデザイン研究所参画
2015年 SEEDATA(博報堂DY)参画
2017年 SEEDATA Partners代表就任(2019年売却) BYD取締役就任
2018年 ビットキー創業参画 執行役員就任
2019年 H.I.S. Impact Finance(現:H.I.F.株式会社) 取締役就任
2020年 情報経営イノベーション専門職大学 客員教授就任

よくあるご質問

企業様にあった最適の
ソリューションを。

私たちにお任せください。

資料請求はこちら
お問い合わせはこちら
30日間無料トライアル受付中